忍者ブログ しわ
[26] [21] [23] [33] [58] [46] [55] [48] [31] [44] [52]

DATE : 2017/09/27 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/04/30 (Wed)
肌がたるんでいるなって感じたら、もはやたるんでいると感じた場所だけではなく身体全体がたるんでいると言ってもいいでしょう。
例えばですが、目じりが下がってきたような気がする。頬のあたりの毛穴が目立ってきたような気がする。ファンデーションがほうれい線にたまる。目の下のたるみを感じる。口角のあたりが下がってきているなどさまざまな箇所でたるみ現象が感じられるはずです。
ですので、二重アゴもその延長上にあると言ってもいいかもしれませんね。

鏡を見てなんとなく自分の顔の輪郭がぼやけているなって感じたら要注意ですよ。

身体がたるんできたら下着などで矯正、補正するなどして予防や解消をすることができますが、顔には下着はつけられませんよね。何もできないのでしょうか?顔のたるみというと洋服に例えてみるならお気に入りの洋服を着込んでついた「よれ」のようなものだと思います。洗濯後、適当に干してというのを繰り返していると繊維が徐々にくたびれてきてへんなシワが出来たりしますよね。でも丁寧に扱って整えれば長持ちはするものです。肌も同じだと思います。

では何故肌はたるんでくるのでしょうか?

まず一つに上げられるのは肌内部にあるコラーゲンが破壊されていると言うことです。
紫外線、ストレス、加齢などによりコラーゲンが徐々に失われてきます。コラーゲンとは肌のハリや弾力を担っているものです。そのコラーゲンが失われてくると弾力がなくなってくるので押された力を元に戻すことが出来なくなってきます。コラーゲンと言うのは真皮の大半を占めていますので破壊されてしまうとターンオーバーとかで新たに生まれてきた肌もひ弱なものになってしまい、更にハリや弾力が失われる結果になります。

次に上げられるのが、筋肉の衰えです。筋力と言うのは肌にも必要なもので表情筋を鍛えなければ衰えてきて、重力に負けて下がってきてしまいます。日ごろから表情筋を鍛えてたるみのない肌を目指してくださいね。
PR
忍者ブログ [PR]