忍者ブログ しわ
[10] [11] [1] [38] [59] [42] [49] [39] [43] [56] [57]

DATE : 2017/09/27 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2008/07/23 (Wed)
目の下のたるみというと老けて見えがちになりますよね。目の下がたるむ原因にメイクもあるんです。知っていましたか?
化粧品は油分が多く、イソパラフィンが皮膚の細胞に絡みつき、重くなり、目の下が下がってきてたるむという図式になっています。ですので、化粧を落とさないで眠ったりして肌の手入れを怠ければ怠けるほど目の下のたるみが悪化しやすくなる場合もあります(必ずなるとは限りません)。
毎日のケアでたるみを取るのは面倒だという人、今すぐたるみを取りたいという人には美容整形という手段があります。
美容整形外科で過剰脂肪部分を除去することでたるみを簡単に取り除くことが出来るというわけです。

その美容整形の手法は大きく分けて二つありますのでご紹介します。

【切開法】
メスを使って目の下のたるみを取る方法です。この手法を使って緩んだ筋肉のハリを戻します。更に余った皮膚を切り取ります。切開場所はマツゲの生え際に近いところで切開するので目立ちません。切開した後は脂肪を切除し、余った皮膚を切除、縫合します。
全てのたるみに使うわけではなくてたるみがものすごい場合に効果がある方法となっています。

【レーザー法】
下まぶたの裏側の皮膚からレーザーで皮下脂肪を除去し、たるみやふくらみやくまなどを除去する方法です。裏側から処理するので傷跡が目立つことはありません。その点からも切開法よりレーザー法を使った場合が多いようです。

費用は大体20〜30万円前後だと思いますが、クリニックによって違いますので確認してみてくださいね。
PR
忍者ブログ [PR]